FXのデメリット、冷静さを欠くこと

歴史的円高により、FXは注目されています。
私もFXをやっているのですが、しっかりと気をつけて取引すればそんなに危険なものではないと感じます。
しかし、FXの最大のデメリットとして、取引の際に冷静さを欠いてしまうことがあげられると思います。
それゆえにFXで大損、場合によっては人生が狂ってしまう、なんていうケースが出てきてしまうわけです。
FXでポジションをとるときは、かなりの勇気を必要とします。
もともとお金持ちの方ならともかく、私のようなしがない庶民の場合は、少なくともそうです。
しかも、ひとつひとつの為替変動一喜一憂してしまうため、精神的に辛くなる場面が少なくありません。
特に、世界的な大きな動きがあって、過度な為替変動があった場合、パニックに陥ってしまうことがあります。
私はレバレッジを1倍(つまり外貨預金扱い)にしているのですが、レバレッジを高く設定している方は、ロスカット(強制退場)の憂き目に遭ってる方も多いのではないでしょうか?冷静さを欠かないように気をつけるというよりも、冷静さを欠いてしまうことを大前提として取引した方がいいと思います。

サイトマップ