口座開設の流れ

FXの取引を行いたい人は、FXの取引を行いたい業者に対して口座を作る必要があります。
口座を作らないと、FXの取引ができないということになります。
口座開設の方法は、どこの会社でも同じような手順を踏みます。
取引会社のwebフォームから必要事項を入力したうえで、身分証などの本人確認書類を送付する方法と、ホームページから資料請求して、送付された資料の中に口座開設の申し込み用紙に必要事項を記入し、本人確認書類とともに郵送する方法の大きく分けて2種類があります。
自分のニーズに合った方法で口座開設の申し込みを行うことになります。
口座開設の大きな流れとしては、口座開設の申し込みのために必要事項を記入することから始まって、本人確認書類を送付するということになります。
それから、FXの取引会社の審査を経て、口座開設という流れになります。
審査を経たら、会員画面へのログインIDとパスワードが送られてきます。
口座の開設の連絡を受けると、必要なお金を入金することで、取引が開始することになります。
必要最低証拠金は各々の取引会社によって異なっていきます。
その必要最低証拠金以上の入金を行う方法としては、銀行のATMから振込みにより入金する方法と、ネットバンキングやモバイルバンキングを使用して入金する方法の2種類があります。
FXの取引会社の審査に関しては、GMOクリック証券以外の会社に関しては審査基準が公開されていないということになります。
20歳以上であれば口座開設はできるということになります。
職業欄に関しても、学生だからと言って、もしくは無職だからと言って審査に落ちるということはないと思っていいかもしれません。
一番重要なところは、年収と金融資産ということになります。
年収と金融資産が足りていないから審査に落ちるということはあるということです。
ただし、実際に口座開設の際に、年収と金融資産について電話で詳しく聞かれるということはないようです。


サイトマップ