レバレッジとは

FX取引について重要なポイントとなるのがレバレッジの仕組みということになります。
レバレッジとはFX取引のためにFX業者に証拠金を預けるわけなのですが、証拠金の数倍の取引ができるというところの数倍がレバレッジということになります。
証拠金を10万円預け入れたということであれば、レバレッジを10倍かけるということになりますと、100万円の取引ができるということになります。
レバレッジというのは、てこという意味があり、預け入れた証拠金が少ない金額でも、レバレッジをかけることにより大きな取引を行うことができます
レバレッジ何倍といった言い方をすることがあります。
証拠金を10万円預け入れた時に、為替差益が2万円出たということであれば、レバレッジが1倍だと、2万円の利益が出るということになります。
レバレッジが10倍であれば、その十倍の20万円の利益が出るということになります。
為替差損が1万円出たということであれば、レバレッジが1倍だと、1万円の損益が出て、レバレッジが10倍だと、その十倍の10万円の損益が出るということになります。
つまり、為替差益が出た時にはレバレッジをかけた分だけ利益が出ますが、為替差損が出た時にはレバレッジをかけた分だけ損失が出ることになります。
2国間の金利差を利用したスワップポイントによる利益や損失も同様のことになります。
レバレッジの上限はFXの取引業者によって決まっています。
初心者の場合はいきなりレバレッジが大きい取引を行うことは、ハイリターンが得られることがありますが、ハイリスクを伴うことになりますので、できればやめたほうがいいかもしれません。
レバレッジは1倍からでもかけることができ、スワップポイントを利用した利益を十分得られます。
なお、自分の思い通りにいかなくて大損した場合は、ロスカットというシステムがあり、決済していなくても含み損が大きくなれば、自動的に強制決済することになり、預け入れた証拠金以上の損が出ないようになっています。


サイトマップ